世界に1つだけの日傘

毎日使えるものを作ろう

天気の良い日は紫外線対策として、日傘をさしている人が多いと思います。
市販されている日傘の中には、自分好みのデザインがないかもしれませんね。
その場合は、自分で作ってください。
骨組みに着物を貼り付けることで、和柄の日傘を作ることができます。
それなら個性を発揮できるので、誰とも被りませんね。
非常にオシャレな日傘になります。

晴雨兼用の傘にしたい場合は、防水スプレーを吹きかけてください。
防水スプレーには、効果の持続期間があります。
期間を過ぎると、水が染みるので傘の役割を果たせません。
どのくらいの期間、効果が持続するのか事前に確認してください。
効果がなくなってきたら、再びスプレーを吹きかけることで雨の日でも使えるようになります。

インテリアに使える

自分で製作した日傘を、インテリアにするのもおすすめです。
一生懸命作った日傘を、使うのはもったいないと感じるでしょう。
インテリアとしても十分オシャレなので、みんなに見もらえるところに置いてください。
玄関は、お客さんが来た時に最も先に見られる場所です。
玄関の雰囲気が良いと、オシャレな人という印象を与えることができます。

リビングなど、みんなが過ごす空間に飾っても良いですね、
かわいい日傘を見るだけで、気分が癒されるので日頃の疲れも吹き飛びます。
和柄なので、和室との相性が良いです。
和室で過ごす時間が長い人や、お客さんを和室に通す人はそこに飾りましょう。
頑張って作った日傘を、たくさんの人に見てもらってください。


シェアする

B!