着物でドレスや小物が!リメイク方法をご紹介

幅広いバリエーションがある

ピッタリのサイズで作ろう

作り方を覚えれば簡単なので、裁縫の初心者でも大丈夫です。
着物でドレスが作れるので、実践してみましょう。
服を作る際は、まず自分の身体のサイズを計測することが重要です。
特にドレスは、ピッタリのサイズで作ることが多く、サイズを間違えないでください。
着物を解体したら、肩や身に沿って裁断しましょう。
後は縫い合わせたり、フリルやレースを付けて完成になります。
慣れていない人は、時間をたっぷり確保して製作しましょう。

ポーチを作ることも可能です。
小物を入れる際に便利なので、さっそく作ってみましょう。
ポーチを作るための説明書や型紙、ファスナーなどの材料がセットになっている制作キットも販売されています。
説明書付きなので、初心者でも簡単に作業を進められるでしょう。
そのようなキットを使っても良いですね。
材料が全て含まれているので、買い忘れる心配がない面も安心できます。
制作したポーチを、フリーマーケットなどで売っても良いですね。

傘を作ることも可能です。
日傘になるので、オシャレな傘を探している人は制作すると良いでしょう。
防水スプレーを吹きかけると、晴雨兼用になります。
使用するのがもったいないと考える人は、飾っておくだけでも良いですね。
普段着用できる、洋服を作る人も増えています。
スカートやワンピースなら毎日着られるので、お気に入りの着物を活かせます。
和柄を組み合わせたコーディネートもオシャレなので、持っている私服に合わせましょう。

裁縫が苦手な人でも大丈夫

ドレスは自分の身体に合っていないと、不格好に見えてしまいます。 必ず、サイズを計測してから制作してください。 またさらに華やかに見せるために、フリルなどをつけても良いと思います。 パーティーに着ていくドレスなら、間に合うように作らなければいけません。

制作キットを購入しよう

初めて着物をリメイクする人はどのような手順で進めれば良いのかわからないでしょう。 そのような初心者のために、制作キットが販売されています。 説明書も型紙も、材料が全て含まれているので着物さえあれば簡単にリメイクできます。 説明書をよく読んで作りましょう。

世界に1つだけの日傘

他にはない、自分オリジナルの日傘が欲しいと思っている人が見られます。 実は着物をリメイクすることで、日傘を制作できます。 さらに防水スプレーを使うと晴雨兼用の傘になるので、活用できる幅が広がります。 着なくなった着物があれば、日傘にアレンジしましょう。